抗レジオネラ用空調水処理剤協議会

冷却塔設備の維持管理の実際

1.冷却塔水管理

冷却塔は外部から塵や排気ガスが入り込んだり、冷却水が蒸発して腐食性イオンや硬度成分が濃縮されたりするため腐食、 スケール付着、 スライム付着等の障害とレジオネラ汚染が発生します。 これらを防ぐためには適切な冷却塔水の管理が不可欠です。レジオネラ属菌が増殖する要因となるばかりでなく、 殺菌剤の効果を低下させる原因になるので防止策が不可欠です。

(1)濃縮管理とブロー
自動ブロー装置を設置し、冷却水の濃縮を一定に保ちます。適切な濃縮管理は障害の防止に重要であるばかりでなく、節水や省エネ対策にも不可欠 です。
(2) 薬剤処理
レジオネラ汚染を防止するため殺菌剤の使用は不可欠です。また、処理条件に合わせて腐食防止剤、スケール防止剤、スライムコントロール剤等を併用してください。
img_coolingtower001

2.冷却塔の調査・記録

冷却塔に関して位置と型式と管理の調査を行い、管理シートを作成します。

冷却塔管理シート
pic_1_05_3

3.冷却塔・管理の調査

冷却塔ならびに冷却水管は、 定期的な化学洗浄を実施してください。また、1カ月以内に1回定期的に汚れの状況を点検し、必要に応じて清掃や換水を行なってください。 洗浄、殺菌、検査なども適当な頻度を決めて実施し、管理記録として残してください。

冷却塔・レジオネラ属菌検査記録表
pic_1_05_4

Copyright(C) 1995-2013 抗レジオネラ用空調水処理剤協議会