抗レジオネラ用空調水処理剤協議会

冷却水系におけるレジオネラ属菌の殺菌法

1.物理清掃(冷却塔の清掃、冷凍機の清掃、水の入れ替え)

冷却塔の下部水槽、 充填材などの汚れをデッキブラシやジェット洗浄によって落とし、 水の入れ替えを行なってください。頻度は汚れの程度に応じて行ないますが、毎月1回程度が一般的です。 冷凍機は、 定期点検時に熱交換器の銅チューブをブラシ又はジェットで洗浄してください。 スライムを除去することはレジオネラ属菌の除去対策として重要ですが、これらの作業では、 冷却水配管内のスライムは完全には除去されません。

img_disinfection001

2.化学洗浄の必要性、目的

冷却水系の機器や配管の壁面には、 スライムが付着しています。レジオネラ属菌はスライム中で増殖するので、 それらを除去することは、 レジオネラ属菌を元から断つ意味で重要です。冷却水系の隅々までスライムを除去するために、化学洗浄を行ないます。 洗浄時期は、 冷却塔の運転開始時、終了時、レジオネラ属菌数が102CFU/100ml以上検出した場合などです。 化学洗浄により、スライムの殺菌、剥離除去を行なうことで、その後の抗レジオネラ薬剤によるレジオネラ属菌の殺菌が効果的になります。これはスライムによる殺菌剤成分の消費が無くなるためです。

3.継続的な殺菌処理の必要性、目的

化学洗浄をすると一旦冷却水系は殺菌されますが、 その後無処理のまま放置しますと、 1~2週間程度でレジオネラ属菌が洗浄前の状態に戻ります。 レジオネラ属菌を102CFU/100ml未満に維持するためには、 継続的な殺菌処理が必要です。 従って、 冷却水のレジオネラ属菌の殺菌対策は、 定期的な化学洗浄と継続的な殺菌処理を組み合わせて行うことが効果的です。

Copyright(C) 1995-2013 抗レジオネラ用空調水処理剤協議会