抗レジオネラ用空調水処理剤協議会

レジオネラ症の監視と対応

1.感染危険因子の点数化

レジオネラ症に対する感染危険度を3要因で点数化(スコア化)しています。
①菌の増殖とエアロゾル化の要因(1~3点)
ⅰ)給湯水など ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1点
ⅱ)浴槽水、シャワー水、水景用水など ・・・・・・・・・・・・・2点
ⅲ)冷却塔水、循環式浴槽など ・・・・・・・・・・・・・・・・・3点
②吸入危険度(1~3点)
ⅰ)開放的環境(屋外など) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・1点
ⅱ)閉鎖的環境(屋内など) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・2点
ⅲ)エアロゾル吸入の危険度が高い環境 ・・・・・・・・・・・・・3点
③人側の要因(1~3点)
ⅰ)健常人 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1点
ⅱ)喫煙者、慢性呼吸器疾患患者、高齢者、乳児など ・・・・・・・ 2点
ⅲ)臓器移植後の人、白血球減少患者、免疫不全患者など ・・・・・ 3点

2.レジオネラ症の感染危険因子の点数と推奨される対応

冷却水系のレジオネラ属菌検査の頻度は感染危険因子の点数(スコア)の合計点によって異なります。

感染危険因子の点数
推奨される対応(検査頻度など)
8~9点常に設備の適切な維持管理に心がける。
1年に最低2回の細菌検査を実施する。
水系設備の再稼動時には細菌検査を実施する。
6~7点常に設備の適切な維持管理に心がける。
1年に最低1回の細菌検査を実施する。
水系設備の再稼動時には細菌検査を実施する。
5点以下常に設備の適切な維持管理に心がける。
必要に応じて細菌検査を実施する。

3.検査依頼方法

レジオネラ属菌検査依頼に関しては、最寄りの保健所又は地方衛生研究所に問い合わ せるか、抗レジオネラ用空調水処理剤協議会会員会社に相談してください。

4.検査結果の評価と対応

(1)エアロゾルを直接吸引する可能性の低い人口環境水
人がエアロゾルを直接吸引する可能性が低い冷却水であっても、100CFU/100ml以上のレジオネラ属菌が検出された場合には、直ちに菌数を減少させるため、清掃、消毒等の対策を講じます。また、対策実施後は検出菌数が検出限界以下(10CFU/100ml未満)であることを確認します。
(2)人がエアロゾルを直接吸引する恐れのあるもの(浴槽水、シャワー水等)
レジオネラ属菌数の目標値を10CFU/100ml未満とします。レジオネラ属菌が検出された場合には、直ちに清掃、消毒等の対策を講じ、対策実施後は検出限界以下であることを確認します。(屋外設置の冷却塔であっても、建物の外気取り入れ口が接近している場合は環境・吸入危険度が高くなりますので注意を要します。)
Copyright(C) 1995-2013 抗レジオネラ用空調水処理剤協議会