抗レジオネラ用空調水処理剤協議会

抗レジオネラ用空調水処理剤自主基準

第一条 目的

本自主基準は、衛生上の見地から、建築物における衛生的環境の確保に関する法律第二条による特定建築物(以下「ビル」という)の空調用冷却水におけるレジオネラの増殖を抑制、防止する際に使用する抗レジオネラ用空調水処理剤の有効性、及び安全性の確保を図るために定める。

第二条 適用範囲

本自主基準の適用範囲は、ビルの空調用冷却水に供されるものであって、主目的としてレジオネラの増殖を抑制、防止する効果をうたう水処理剤(以下「抗レジオネラ用空調水処理剤」という)とする。

第三条 有効性の確認

抗レジオネラ用空調水処理剤は、レジオネラに対する殺菌叉は、増殖抑制効果を試験し、効果のあることが確認されていること。また、この時の試験記録は保存しておかなければならない。

第四条 安全性の確認

抗レジオネラ用空調水処理剤については、安全性が次の諸点において確認されていること。

  1. 使用されている成分は、「化学物質の審査及び製造時の規則に関する法律」に基づく既存化学物質叉は公示化学物質であって、「労働安全衛生法」の公表化学物質であること。
  2. 抗レジオネラ用空調水処理剤は、「毒性及び劇物取締法」第二条第1項に規定する毒物であってはならない。
  3. 薬物を空調用冷却水系で使用する際の安全確保のために、以下に示す毒性項目についての試験データを保有することとする。

  この場合、文献資料によるものであってもかまわない。

(1)水処理剤の主成分(レジオネラに対する有効成分)について急性経口毒性及び、急性経皮毒性の試験データを保有する。また、主成分である化学物の特性を考慮し、必要と思われる毒性試験項目(特に皮膚感作性試験等)について出来る限り試験等により、データを保有する。
(2)最終製品に対して、皮膚一次刺激性試験を実施し、データを保有する。試験は、実使用濃度及び、実使用濃度の10倍濃度で行なう。

第五条 表示事項

第二条の抗レジオネラ用空調水処理剤については、下記項目の表示事項を、使用書、ラベル等に記載すること。

  1. 使用法
  2. 保護具に関する事項
  3.  薬品の保管方法
  4. 他の薬剤との混合に関する事項
  5. 事故が起きたときの対処方法・付着、飲み込み等により、人体に異常をきたした場合・薬剤が漏洩した場合
  6.  薬剤の廃棄処理方法
  7. 使用済み容器の廃棄方法
  8. 抗レジオネラ用空調水処理剤協議会に登録がなされている製品であること

第六条 排水による環境汚染の防止

通常の使用において、公共用水域への排水、及び下水道への放流に関して、排水の水質が、それぞれの排水基準を満たせること。

Copyright(C) 1995-2013 抗レジオネラ用空調水処理剤協議会